症状記事

オスグットからはやく競技復帰する為に

5cefffb3f1bed9b736c4e3b57cdaa938_s

膝の曲げ伸ばしが痛くて運動ができない、病院でオスグットと診断を受けたが、痛みが改善しないそんな成長期のお子さんがいて、お悩みの方はいませんか?今日は成長期に多いスポーツ疾患の1つ、オスグットについてお話しますね。

 

 

オスグットとは

正式名はオスグット・シュラッター病といいます。小学校高学年から高校生の運動をしている子供がなりやすい疾患です。成長期に起こりやすいため膝の痛みがあっても成長痛だとほったらかしにしている方も多いんです。

 

 

症状としては膝のお皿(膝蓋骨)の下の脛骨粗面という場所に剥離が生じて痛みが出ます。走る・踏ん張る・ジャンプするなどで痛みを感じやすく、重症な場合は階段の上り下りや脛骨粗面を押さえるだけでも痛みを生じます。

 

 

男女比でいうと男の子のほうが確率的には多いですが、女の子でもなる可能性はあります。なりやすいスポーツとしてはジャンプ動作や踏ん張る動作が多いバスケットボールや走る距離が長いサッカーや陸上をやっている子がなりやすいです。

 

原因は?

 

 

オスグットは多くが太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなることにより起こります。大腿四頭筋とは大腿直筋・外側広筋・内側広筋の3つからなり、膝を伸ばすしたり曲げたりする作用があります。

 

 

この大腿四頭筋は大腿骨上部や下前腸骨棘から膝のお皿(膝蓋骨)をへて膝蓋靭帯となり膝下の骨(脛骨粗面)に付着しています。運動などで膝の曲げ伸ばしやジャンプなどで膝に負荷がかかり、大腿四頭筋が委縮したり硬くなることで膝蓋靭帯を介して脛骨粗面が剥離することでオスグットになります。

 

 

病院でレントゲンを撮って剥離しているのがわかる人もいればレントゲンには何も映らない場合もあります。視覚的に異常が見られないからオスグットではないとは言い切れないということです。

 

 

一般的病院でオスグットと診断を受けての処置は湿布と運動の禁止です。脛骨が剥離したすぐや炎症を起こしている場合に湿布というのは正しいですが、それだけで痛みはなくなりません。

 

 

大腿四頭筋の萎縮や硬くなっているのを改善する必要があります。大腿四頭筋といっても3つの筋肉からなるので1つだけ緩めてもあまり効果が出にくいです。しっかりオスグットを引き起こしている筋肉にアプローチすることが重要になってきます。

 

 

またオスグットだからといって全員が大腿四頭筋に原因があるとは限らないんです。確かにオスグットは大腿四頭筋が膝蓋靭帯を介して脛骨粗面を引っ張ることで起こりますが、大腿四頭筋が委縮したり硬くなる原因があるんです。

 

 

それは太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)が硬かったり、体の他の場所に歪みがあることで起こる場合もあります。そういった根本的な原因を取り除かないことには完治とは言えません。

 

 

オスグットだからこの治療というのではなく、一人ひとりの体の状態を把握しその人の歪みを改善することが競技復帰への近道なのです。

 

 

改善法として

オスグットの膝の痛みを改善できる大腿四頭筋・股関節のストレッチ法をご紹介します。

まず大腿四頭筋のストレッチです。

 

大腿四頭筋ストレッチ

片足立ちになり、ストレッチする側の足首を持ち膝を曲げてお尻のほうに引き上げます。この時の注意点として足を持ってる反対の手は壁か椅子などを持ち体を安定させます。腰を反ったり、足が開いては効果が薄くなるので気を付けましょう。

 

股関節ストレッチ

次に股関節のストレッチです。椅子に座った状態で、片足を折り曲げて座面に乗せ、曲げた足の上に肘を乗せて上半身を足の反対側に捻ります。この状態で20秒キープを左右の足2~3セットします。

 

 

 

最後に

 

 

 

怪我というのは痛みや違和感は本人にしかわからず、保護者の方ははがゆい気持ちになると思います。

「やりたいことを全力でできない」というのはお子さんにとってもストレスになってしまいます。

 

 

基本的に整骨院や病院で治療を続けてもらえば改善はしますが、早く痛みをとりたい・治療しているがなかなか痛みが取れないという方は1度来院されてみてください。

 

 

お子さんのやりたいこと、好きなことが全力でできるようにお手伝いいたします。

 

 

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

子宮内膜症と不妊は切っても切れない関係!!

zyo

今現在、不妊に悩む女性の3分の1の方に子宮内膜症が認められ、子宮内膜症の女性の半数が不妊に悩んでいます。この事実からも、子宮内膜症という病気の重大さが分かると思います。

 

そして、この子宮内膜症という病気は、現代病という面でも強く知られてきています。

また、子宮内膜が発症するメカニズムを知ると、どういう風になっているか分かると思います。

 

子宮内膜症とは、本来子宮の内側に発達するはずの子宮内膜が、卵管・腹膜・子宮筋層内など、本来存在すべきではないところに増殖する病気です。

 

そして、こうしたところに発生した子宮内膜も、生理周期に合わせて増殖・剥離を繰り返します。子宮の内側に発生した子宮内膜は、妊娠に至らなければ生理という形で、体の外に排出されます。

 

しかし、子宮以外の所に発達した子宮内膜は、いわば出口がありませんから、その場所で増殖・剥離を続けることになってしまいます。コレが子宮内膜症という病気なのです。なので、女性が生理周期を繰り返す期間が長ければ長いほど、子宮内膜症が発症する確率が上がります。

 

半世紀前と現在を比べると、半世紀前は女性が若くして結婚し、子供を続けて産むことで妊娠している期間が長いことで生理がない期間が長かったわけです。つまり、子宮内膜症という病気が発生するということが少なかったわけです。

 

それに比べて現在では、結婚年齢の上昇に加え、少子化が進んでいますから、1人の女性が経験する生理周期に回数が、以前と比較にならないくらい多いわけです。こうした現実が、子宮内膜症の増加をもたらしているのです。

血管

子宮内膜症の恐い性質

そして、子宮以外の所に発達した子宮内膜は、色々と体に影響を与えます。卵管内に内膜が増殖すれば、卵管閉塞を起こします。また、腹膜に発生した内膜は、周辺の臓器と引っ付きやすくなり、卵子の通過障害の原因になります。

 

また、排卵した卵子をキャッチするのは、卵管にあの末端で行われます。腹膜癒着などが重症となれば、卵子をキャッチ知る機能がしなくなります。さらに癒着は、性交痛や月経困難などといった症状も引き起こすので、こうしたことも不妊の原因になります。

 

ここで大切なのが、子宮内膜症と診断された場合、どのように治療を行っていくかと言うことです。生理がないという状態であれば、子宮以外の所に子宮内膜は萎縮していきますので軽快します。

 

それでかつては、男性ホルモンを投与する、あるいは1時的に薬によって閉経したような状態にして、生理を止めてしまうなどということが行われていました。

 

しかし、こうした治療では、その期間中、妊娠を期待できなくなってしまいます。子宮内膜症の最善の治療は、妊娠です。妊娠すれば生理が止まりますから、内膜症が軽減していくわけです。

 

しかし、その妊娠を難しくしているのが内膜症であるというジレンマがあるわけです。したがって、最近の治療の傾向として、症状がそんなに強くない女性に対しては、積極的に妊娠を目指すという方向になっています。

 

また、重症の内膜症に対しては、最近では腹腔鏡を用いて、おなかを切らずに子宮以外の所に発達した子宮内膜を、いわば大掃除するといった治療も、積極的に行われるようになりました。

 

子宮内膜症と診断されたら、何よりも現在の病状の把握をすることが大事です。医者から今の状態をよく聞いて、話し合ったうえで今後どうしていくかを話し合う必要があります。それから、どう向き合っていくかを明確にしたほうがいいかと思います。

 

王国では、内膜症の方も来院されています。その中には、手術をすすめられている方や薬で様子をみている方などいます。そんな方々も王国独自の治療をすることで子宮内膜に変化がみられた方や妊娠へと繋がった方などおられます。

 

いま、このブログを読まれているあなた!!もし、子宮内膜症といわれてなかなか妊娠に繋がらない、もしくは内膜症がひどくなっているなど不安があるなら1回王国に来てみてはいかがですか。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

ストレスと不妊の関係とは。

b889b2cd5b411eb4a2ccdef26a48c971_s

ストレスと不妊の関係を知っていますか?普段、仕事や家庭、プライベートなどでストレスを感じるは多いと思いますが、実は日頃のストレスと不妊体質というのは大きな関りがあるのです。今日は強いストレスを感じているあなたにストレスと不妊の関係についてお話しますね。

 

 

ストレスがなぜ不妊に関係するのか。人は強いストレスを感じると視床下部の働きが悪くなり自律神経が乱れます。よく聞く自律神経という言葉ですが、具体的な働きを知っていますか?

 

自律神経は簡単にいうと、内臓や血管などの働きをコントロールし体内の環境を整える働きです。普通の神経と違い、独立して働いているので内臓や血管を私たちの意思で動かすことはできません。

 

例えば意識しなくても横隔膜を上げ下げして呼吸をしたり、食べ物を消化する為に消化液を出したり、体温を維持するために毛穴を開いて汗をかくのも自律神経の働きです。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。この2つの神経は正反対の働きをします。

 

交感神経は、活動しているとき・緊張しているとき・ストレスを感じているときに働き、「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。血圧をあげたり気管支を拡張したり心機能を亢進させたりと闘うために体を準備したり興奮状態の時に働きます。

 

副交感神経は、休息しているとき・体を回復しているとき・リラックスしているときに働きます。おもに睡眠中・食事中・お風呂に入っているときです。

 

 

では、ストレスを強く感じているとこの自律神経の働きにどのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

一言でいうと副交感神経がうまく働かず、交感神経ばかり働いている状態です。症状としては、寝ても疲れがとれなかったり、体が重かったり寝つきがわるい、肩や首の凝りやめまいなどがあります。

 

 

寝ても疲れが取れないのは、寝ていても交感神経が働いて体が休まらないため。寝つきが悪いのは交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできていないため。首や肩の凝りは交感神経の働きでずっと首や肩に力が入って緊張状態にあるためです。

 

 

そんな体に重要な役割を担っている自律神経を乱してしまうのが精神的ストレスと肉体的ストレスです。精神的ストレスは、仕事のノルマ・プレッシャー・人間関係・不安や緊張などで、

肉体ストレスが長時間の通勤パソコン、不規則な食生活、食品添加物、睡眠不足、シャワー、テレビ、ゲーム、蛍光灯などです。

 

 

 

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

 

「ストレスが自律神経を乱すのはわかったけど、不妊とどう関係あるの」そう思いませんか?最初にお話した通り、人は強いストレスを感じると視床下部の働きが悪くなります。この視床下部こそが妊娠に重要な女性ホルモンを調節する場所なんです。

 

視床下部の働きが悪くなると女性ホルモンが出なくなってしまいます。ストレスを感じると生理が遅れた経験がある方も多いのではないでしょうか。なぜ生理が遅れてしまったかというと、ストレスにより視床下部が生理を起こすためのホルモンを出せなかったのが原因です。

 

妊娠に必要な排卵を促すホルモンも子宮内膜を維持するためのホルモンも視床下部が調節を行っています。ストレスは自律神経を乱しているだけでなく、妊娠しづらい体にしてしまうんです。

 

 

 

妊娠に必要な卵子を育てる卵胞を発育したり、赤ちゃんのベッドである子宮内膜を厚くするのがエストロゲンという女性ホルモンです。受精卵が着床しやすいように子宮内膜の厚さを維持したり、受精卵を育てるために排卵を抑制するのがプロゲステロンです。

 

 

この2つのホルモンの量が少ないと妊娠しにくい体になってしまいます。

 

 

仕事をしている方はもちろん日常生活ではストレスを感じる場面がたくさんあります。そのストレスをいかにうまく発散できるかが重要になってきます。自分なりのストレス発散法はありますか?自分に合ったストレス発散法で上手にストレスと向き合っていきましょう。

 

 

しかし、もう自律神経が乱れていて症状が出ているけどどうしたらいいの。そんな方もいると思います。仕事で生活習慣を変えるのが難しかったり、うまくストレスが発散できないという方もいると思います。

 

 

そんな方には当院での自律神経治療をお勧めします。ストレスが強く自律神経が乱れている状態では病院での不妊治療の効果も出づらくなってしまいます。肩こりや腰痛などもストレスの原因になってしまいます。

 

 

そんな体の不調を歪みを整えることで痛みをなくし、自律神経治療で体を安定させて不妊治療することも1つの手だと思います。今日の話で少しでも興味を持たれた方は1度お話を聞かせて下さい。

 

あなたの妊娠へのお手伝いが少しでもできたらいいな思います。

 

 

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
ネットから予約する
初めての方 月20名様限定 テレビ出演記念
もし、施術に満足できなければ全額返金致します!
LINEで24時間予約受付中!
  • こんなに改善されました。効果をCheck!!
  • 日本一多い喜びの声を見る
  • 初めての方限定、TV出演記念毎月20名様限定特別価格
  • 骨盤王国グループ各院の情報はこちら
  • 骨盤王国 天神
  • 骨盤王国 離
  • 骨盤王国 博多店
  • 骨盤王国 博多駅前店
  • 骨盤王国  腰痛専門整骨院
  • 骨盤王国  新宿西口店
  • 骨盤王国  渋谷整体院
  • 治療院 求人サイト
LINEで予約
pagetop