症状記事

【更年期障害の改善は博多で!!】

 

 

女性なら1度は気にしたことがあるであろう更年期障害。

 

 

辛い肩こりやホットフラッシュと言われる自律神経症状がでたりします。症状が重いと日常生活に支障でしまうことも。

 

 

また最近は女性だけではなく男性も症状が出るケースもあると言われてます。

 

 

今回はそんな女性の敵ともいえる更年期障害について紹介していきます。

 

 

この記事のなかには更年期を改善する方法なども記入しています。

 

 

ぜひこの記事を読んで、辛い更年期を乗り越えましょう。

 

 

 

更年期障害てどんな病気??

kounenki_woman

 

 

更年期障害とは閉経前後5年の女性に起こるとされています。閉経は大体50歳ほどでするので45~55歳に起こるものとされています。

 

 

 

おもな原因は加齢に伴うエストロゲン(女性ホルモン)分泌の低下です。

 

 

女性は生まれたころは卵胞が200万個あると言われていますが、数は年々減っていき50歳くらいには0になると言われています。

 

 

また加齢のためエストロゲンを作る卵巣が正常に働かなくなるため、月経周期が乱れたり、月経が来なくなります。このことを閉経と言います。

 

 

この時期になると卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが急激に減少し、体の中のホルモンバランス乱れます。

 

ホルモンバランスが乱れると自律神経の調整が乱れて、ほてり(ホットフラッシュ)肩こり・めまいなどの様々な症状がでます。

 

 

 

更年期障害を引き起こす要因

 

更年期の症状の原因としては先ほどの書いたとおり、閉経によるホルモンバランスの乱れから引き起こされるがほとんどです。

 

 

ただその外にも更年期障害を引き起こす要因として、家庭環境や職場環境、性格やストレスなども関係していると言われています。

 

 

更年期の時期は、子どもの独立や夫の定年など、生活リズムの変化が起こりやすい時期でもあります。

 

 

 

その変化が精神的なストレスにつながって更年期を発症させることがあります。

 

 

更年期を安心して迎えるためにも自分の生活リズムを見直してみましょう。

 

 

 

 

更年期の改善する方法

 

⓵生活リズムの改善

 

 

先ほど書いた通り生活リズムの乱れも更年期障害を悪化させる原因の一つです。

 

 

特に睡眠不足や運動不足大きな影響を及ぼします。

 

 

不眠などの睡眠障害が更年期症状の一つなのですが、その状態が続くと疲労がたまり、精神的にも落ち込みやすくなります。

 

 

夜更かしの習慣がある人は、早寝早起きにすることをおすすめします。

 

 

また寝付けない人や途中で目が覚めてしまう人は、寝る前にお風呂に入って湯舟に浸かって体を温めてあげてください。

 

 

 

特に首元をしっかり温めることで副交感神経が刺激されてリラックスできてより寝付きやすくなりますのでおススメです。

 

 

 

 

⓶食事の改善

 

 

更年期の時期になると、代謝が下がり肥満になりやすかったり、骨量が減少して骨粗鬆症になりやすいなど色々な問題が出てきます。

 

 

不規則な生活、バランスの悪い食事は症状を悪化するリスクになりますので今一度、食生活を見直してみることも大切です。

 

 

 

主に更年期の方におススメとされているのが、和食。(主食、汁物、メイン、小鉢2つ)

 

 

基本的な和食は一汁三菜。

 

この一汁三菜を意識すれば、自然と体に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質をバランスよく含んだメニューに近づけることができます。

 

 

また和食には使われることが多い豆腐や大豆には、イソブラボンという物質が含まれています。

 

このイソブラボンは、体内でエストロゲン(女性ホルモン)と同じ働きをすると知られています。

 

 

めまいやほてりの改善だけではなく、骨量を増やす働きがあったり、コレステロール値の上昇を抑えてくれる働きもあるので、かなりおススメできます。

 

 

出来るだけバランスのいい食事を心がけて、豆腐や大豆などを積極的にとるように意識しましょう。

 

 

 

 

⓷ストレスの解消

 

 

ストレスを受けると様々なストレスホルモンを分泌します。

 

これが循環器系や呼吸器系・消化器系に免疫系に影響を及ぼすため、動機や食欲不振、息切れや不眠などの悪化させる原因となります。

 

そのためストレスを解消することは、更年期をうまく乗り切るためには大切になってきます。

 

 

更年期に多いストレスとして、子どもの就職・結婚のことや、旦那さんの定年、女性としての自信損失などがあります。

 

 

なので日ごろからストレスケアをすることが大事です。

 

 

やりがいのある仕事や趣味、習い事やサークル活動をしてストレス解消することがおススメです。

 

 

更年期の方へのおすすめの運動

yuusannsounndou

 

 

 

運動の仕方・種類としては、無理なく楽しく継続できるものが好ましいです。

 

 

具体的な内容としては主に有酸素運動を取り入れること。

 

それに加えて有酸素運動の前後にストレッチを取り入れるとより効果的です。

 

 

有酸素運動は酸素を十分に取り入れつつ、全身の筋肉をリズミカルに動かすことができます。

 

 

例えば、ウオーキングや水泳。サイクリングやダンス、ジョギングなどがこれらにあたります。

 

 

 

また有酸素運動を行うことによって生活習慣の予防にもなりますのでおススメです。

 

 

 

 

更年期の方へのおすすめのプログラム

 

 

⓵ ウオーミングアップ

 

images1_kounenki

 

 

 

まずは運動する前にケガの予防のために約10分ほど時間をかけて、ストレッチから始めましょう。

 

 

特に有酸素運動は歩くことや走ることを主な運動となるので、下半身のストレッチを行うようにしてください。

 

 

 

⓶、有酸素運動(主運動)

 

 

images2_kounenki

 

 

 

ストレッチのあとは20分~40分の有酸素運動を行いましょう。

 

 

ただし無理して強い運動強度で行うと、かえって体を悪くすることもありますし、継続しないと意味がないので、最初は程良い運動を心がけて行いましょう。

 

 

目安としては、軽く息が上がり汗ばむくらいの運動がいいでしょう。

 

 

目安は週に2~3回運動するのが理想ですが、日ごろ運動してない人は無理をせず各自の体調に合わせて回数を行い、徐々に回数を上げていきましょう。

 

 

日ごろの運動を習慣として、更年期の症状を抑えると同時に生活習慣も予防して健康な体にしていきましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上ここまで更年期障害について紹介してきました。

 

 

女性には更年期はどうしても来てしまうもの。

 

ですが食生活や日ごろの生活習慣で症状を抑えることができます。

 

また生活習慣や食生活を気を付けてもなかなか症状が良くならない場合は、1度整体や鍼治療を受けてみるのも一つの手です。

 

整体や鍼灸をすると、循環が良くなったり自律神経が落ち着き、更年期の症状を抑えることができますのでかなりおススメです。

 

食生活や運動に気おつけたり、整体や鍼灸を使いながら辛い更年期をうまく乗り越えましょう!!

 

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

「1日にして、これまでの苦痛から解き放たれました!」

「1日にして、これまでの苦痛から解き放たれました!」

 

45314983_1158976534262528_7360354367905464320_n

 

【患者様から喜びの声をいただきました】

 

 

「悩み多き50台は・・・

 

慢性の頭痛、肩こり、冷え性、息切れ

 

整形外科・リフレ・整骨院・エステ・ホットヨガ・ピラティス etc

 

一時的には良くても根本的な改善策を見出せずにいたところに、第三波の更年期障害の波が容赦なく襲ってきた今年!

 

さすがに対応に苦慮していたところ、仲のいいDrに「鍼灸も体質に合うと効果あるよ!」と東洋医学を勧められて、検索!

 

でもさぁ・・・ハリとかお灸とかババ臭いし、骨盤王国なんてネーミング・・・うさん臭い(謝)

 

サイトを検索!

 

口コミもいい!王国のスタッフ明るい!TVでも放映!(あら、TVのスタッフさん知り合い。)

 

さらにリサーチをして、藁をもつかむ思いで予約、ヒアリング、施術!

 

① 丁寧なヒアリング・・・事細かに症状を聞いてくれました。

 

② 安心できる説明・・・針は危険じゃない!私の体はどこが悪い?

 

③ 納得のいくプラン・・・いろんな悩みを計画的に解決!

 

1日目にしてこれまでの苦痛から解き放たれました!

 

以後、回を重ねる度改善されていく私の体♪

 

ありがとう!そして今後ともよろしく!!」

 

更年期障害でお悩みだったKさんからの喜びの声でした。

 

雑誌の編集をされているだけあって、すごくユニークかつ、わかりやすいお声をいただきました!笑

 

Kさんは更年期障害、特に慢性的な肩こりやホットフラッシュでお悩みでした。

 

特に夕方になると肩もだるくなり、頭がカッカしてきて、顔面から汗が噴き出してしまう・・・

 

人前に立つ職業柄、なんとか気力で踏ん張っていましたが、だいぶ体はボロボロの状態でした。

 

今回はなぜそんなにも辛かった更年期障害による体の不調が、どんどん改善する方向に向かったのか?

 

その点を詳しくお話ししていきます。

 

意外なところにある、更年期障害の原因!

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

 

更年期障害の原因、それはなんだと思いますか?

 

ホルモンバランスの急激な乱れ?

 

ストレス?

 

一般的にはこの二つが挙げられることが多いですが、それだけが更年期障害による症状を引き起こす原因ではありません。

 

実は更年期障害を引き起こす原因は、内臓疲労と頭蓋骨の緊張にあります。

 

更年期障害の症状を引き起こす流れは、

 

日々の疲労の蓄積


内臓の疲労


内臓を守るために体が歪む


姿勢が悪くなることで、頭蓋骨の緊張が強くなる


ホルモンの調整を行う、脳への血液の循環が低下


ホルモンの調整ができなくなる


更年期障害を発症!!

 

という流れになります。

 

なので大事なのは、まず更年期障害の発症の発端となっている内臓の疲労と取ること。

 

そして、ホルモンバランスへの影響が強い、頭蓋骨の緊張を緩めること

 

この二つが、更年期障害による症状を改善する為には必要なのです。

 

お薬などで治療を行っても、なかなか改善されないという方は、一度内臓の疲労と頭蓋骨の緊張がどうなっているのか、確認した方がいいですね。

 

悩んでいるならお早めに!!

IMG_0885

 

今更年期障害による症状でお悩みのあなた、治療を始めるのであれば早い方がいいです。

 

なぜなら、先ほどお話しした

 

内臓疲労と、それによる頭蓋骨の緊張

 

この状態が長ければ長いほど、その悪い状態が体に染み込んでしまい、改善するのにも時間がかかるからです

 

食べ終わったお茶碗も、しばらくほったらかしにしてから洗うより、食べてすぐ洗った方が汚れは落ちやすいですよね?

 

それと一緒です。

 

もしもあなたが少しでも更年期障害による症状で苦しんでいるのであれば、ぜひお早めにご相談ください。

 

骨盤王国博多店はあなたの健康を、全力でサポートします!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

【博多で改善!起立性調節障害に有効な3つのツボ!】

6a6d342ae82c2f443d12a1bf5f81471f_s

現在不規則な生活やバランスの悪い食生活で乱れがちな自律神経。

 

今日はその自律神経疾患の中でも“起立性調節障害”と言う疾患についてはなしていきます。また有効なツボを3選紹介していきます。

 

 

もしかしたらあなたやあなたの周りにも当てはまる人がいるかもしれません。

 

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

1.起立性調節障害ってどんな症状?

 

 

起立性調節障害とは自律神経失調の一つとされています。

 

 

自律神経が低下していることにより、立っている時や座っている時に脳血流が低下して思考力と判断力が低下するような症状が出たり、

 

 

その他にもめまいや頭痛、吐き気など人によって様々な症状が出るとされています。

 

 

特に午前中に充分に交感神経が働かないため、やる気がおきなかったり症状が重いとベットから起き上がれないような事もあります。

 

 

また夜に交感神経が働くためなかなか寝つきが悪くなることも・・・

 

 

誘発しやすい年齢として、10歳から16歳の年齢層の方に多く、日本の小中学生の約10%見られるといわれています。

 

 

なので朝寝坊が多くなかなか起きれない子や、夜寝つきが悪い子などはもしかすると、起立性調節障害の疑いがあるかもしれません。

 

 

また最近では大人でも発症することもあり、そのほどんどがストレスから来ていると言われています。

 

 

仕事で多くのストレスを受けている人、忙しくてなかなか休めていない人はもしかすると当てはまるかもしれません。

 

 

 

 

2.起立性調節障害は4つのタイプに分けられる?

 

 

女性悩む画像

 

 

 

起立性調節障害は大きく分けると4つの症状に分けることができます。

 

 

それぞれ症状が違うため一つ一つ違いを知っておくことが重要です。

 

 

①.起立直後性低血圧症

 

 

起立直後の血圧低下から回復に時間がかかるタイプ。

 

 

起立性調節障害の中でもこのタイプが最も多いと言われています。

 

 

立ち眩みや、起立時に目のまえが真っ暗になるような症状もでると言われています。

 

 

②.遷延性起立性低血圧症

 

 

起立している状態が続くと徐々に血圧が低下して失神するタイプ。

 

 

起立中の静脈還流が低下しているのと同時に、交感神経の低下による末梢血管の収縮力低下が原因として考えられます。

 

 

 

③.体位性頻脈症候群

 

 

血圧の回復に異常はないが、起立後の心拍の回復がなく上昇したままのこのタイプ。

 

 

起立中の血圧低下はみられなが、交感神経興奮による頻脈が見られます。

 

 

 

 

④.神経調節性失神

 

 

起立中の急激な血圧低下により失神してしまうタイプ。

 

 

突然の起立失調症状が出現し立っていられなくなり、失神してしまいます。

 

顔面蒼白や冷や汗などの前駆症状がみられることもあります。

 

 

以上の4つのタイプに分けられます。ひどいものだと失神してしまうほど症状が出るものがあるので注意が必要です。

 

 

3、治療のポイント

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

 

 

起立性調節障害は症状が比較的軽い場合であれば、内服をしなくても食事や日ごろの生活習慣でコントロールすることができます。

 

 

気おつけるポイントは3つ!

 

Point1 水分2L、塩分10ℊを目安にとるようにしましょう。

 

 

起立性調節障害の症状が出ている方は、健全な方に比べると血液量が少ないと言われています。

 

その血液量を増やすため水と塩分をしっかりとるようにしましょう。

 

 

水分補給としては“水”が1番適していますが、水を飲むことに少し苦手な方はスポーツドリンクなどナトリウムなどが含まれる物を飲む事もおススメです!

 

 

 

Point2 立つときはゆっくり、長時間の立ちっぱなしは避ける。

 

 

起立性調節障害の方は交感神経が上手く働かない為、起立時に頭に血液が集まりずらい傾向にあります。

 

 

急に立つ動作は余計に血液が昇りずらい為、起立時はゆっくり立つようにしましょう。

 

 

 

また長時間立っていると下半身に血液が溜まってしまう為、できるだけ避けるようにしましょう。

 

どうしても立つ必要がある場合は、適度に足を動かすようにして血液が溜まってしまわないようにしましょう。

 

 

 

 

Point3 ストレスをコントロールする

 

 

 

自律神経はメンタル面の影響を受けやすく、ストレスは悪化の要因となります。

 

 

 

学校や仕事に行きたいけど、体が上手く働かない為辛い思いをしています。

 

 

 

その苦痛を理解してあげて頑張っていることを肯定してあげることも大切です。

 

 

 

出来るで心の負担が少なく生活できるように、周りの協力が必要になってきますので、理解して見守ってあげるようにしましょう。

 

 

 

4.起立性調節障害に有効な3つのツボ

 

①完骨(かんこつ)

c96c25ffcbce151c45020f643143b5bc

 

効果:頭痛や肩こり、血行促進効果がある完骨。

 

 

 

自律神経に異常がある人や強いストレスを感じている人は首回りの筋肉が固まっている傾向があります。

 

 

完骨は首を支える筋肉の胸鎖乳突筋の付近にあるツボです。

 

 

完骨を刺激することによって、首回りを緩めることができるので頭への血流促進を効果が期待できます。

 

 

 

ツボの位置:耳の後ろの固い骨後ろの際にあります。

 

 

 

筋肉に際にあるので痛みを感じやすいので、少しツンとするくらいの程よい力で刺激しましょう。

 

 

 

 

②内関(ないかん)

 

pic_01

 

 

効果:自律神経を整える。

 

 

自律神経を整えてリラックス効果のある内関。

 

 

不眠症やストレス反応にも効果があるので、起立性調節障害の症状が出ている方にはとてもおススメです。

 

 

 

 

ツボの位置:手関節の内側のシワから上に指三本分のところにあります。

 

 

 

刺激するとツンと痛みを感じるまで押しましょう。

 

 

 

③百会(ひゃくえい)

 

hyakue

 

 

頭のてっぺんにある百会。

 

 

自立神経を整えるのはもちろん頭痛や不眠のも効果があります。

 

 

また刺激することで頭に血液を集めることができますので、立ち眩みの予防にも効果ありです。

 

 

 

 

ツボの位置:頭のてっぺんにあるツボで、左右の耳の1番尖っているところを結んだ位置にあります。

 

 

刺激するとリラックス効果もありますのでぜひ使ってみてください!

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

ここまで起立性調節障害の治療Pointや効果的なツボを紹介してきました。

 

 

 

比較的軽度な症状の場合は、日ごろの生活習慣の改善やツボ刺激をやるだけでも改善することは十分可能です。

 

 

 

ただ症状がおもい場合はしっかり治療をうけないと改善は難しいと思います。

 

 

 

 

一般的に自律神経の治療には薬で治療する場合が多いですが、薬の副作用などを気にして服用をためらっている場合は鍼治療をおススメします。

 

 

 

 

鍼治療は自分の自己回復力を高めて自分で直していく治療法なので副作用は全くありませんのでおススメです!!

 

 

 

 

また自律神経を整えるのも鍼はとても有効なのでぜひ治療で悩まれている方は鍼治療を受けられてみてはいかかでしょうか?

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
ネットから予約する
初めての方 月20名様限定 テレビ出演記念
もし、施術に満足できなければ全額返金致します!
LINEで24時間予約受付中!
  • こんなに改善されました。効果をCheck!!
  • 日本一多い喜びの声を見る
  • 初めての方限定、TV出演記念毎月20名様限定特別価格
  • 骨盤王国グループ各院の情報はこちら
  • 骨盤王国 天神
  • 骨盤王国 離
  • 骨盤王国 博多店
  • 骨盤王国 博多駅前店
  • 骨盤王国  腰痛専門整骨院
  • 骨盤王国  新宿西口店
  • 治療院 求人サイト
LINEで予約
pagetop