症状記事

妊活をしにくい現状と現在の社会の結びつき!

633a024e0b2ac33cfc38c7c48df64d0a_s

 

今回のテーマは、今の社会の現状と妊娠を考える女性の繋がりについて書きます。
女性は年齢が上がるにつれて、妊娠する確率が下がっていきます。
そして、とくに仕事をされている女性は妊娠を考える時期が35歳を過ぎてからになっています。

 

というのも、35歳過ぎたあたりから、体内の妊娠に関係するホルモンバランスに微妙な変化が現れ、それが年を追うごとに顕著になってくるからです。

 

また、今の日本での女性を取り巻く社会環境が大きく影響しているように思います。
今の日本社会には、女性の労働力はなくてはならない、必要不可欠なものになっています。
これからますます少子高齢化が進みますから、女性の力はさらに必要になるでしょう。

 

一人の患者さんの話です。
「私は、30過ぎに結婚しましたが、しばらく子供ができませんでした。
すると、職場で非常に仕事がハードな部署を転々とさせられることになりました。

 

そして、35歳を過ぎたときにようやく妊娠して、それを上司に告げたところ、「なんだ、子供欲しかったんだ」といわれたそうです。すなわち、『子供が出来ない』という現実を、上司は「欲しくない」と認識していたそうです。

 

こうした環境に身をおくと、当然朝から夜まで働いて、帰った頃には疲労がたまり、なりゆきとして子作りに励むことが出来ず、子供を持つということが難しくなってきます。

 

人は1つのレールに乗っかると、現状に流されてしまいがちです。
他の事を考えなくなりますし、社会状況から半ばマスクされてしまうということも起こります。

 

また、仕事そのものに対するやりがい、達成感というものも大きくなってきます。
それがまた、仕事へのモチベーションを高めるという形でフィードバックするのでしょう。

 

そして気がつけば、あっという間に35歳になっていたという人が、最近増えてきています。
こうしたキャリアアップを積むのと平並行して、体内では卵子の老化が日々進んでいます。

 

ここで提案ですが、子供が欲しいとお考えなら、明確なビジョンを持ってみてはいかがでしょうか。人間というものは、ゴールの設定がはっきりすれば、それに向けて精力的にそしてなおかつ、正しい方向性を持って努力することが出来ます。

 

「世の中が良くない」「子育てを取り巻く環境が厳しい」といくら愚痴ってみても、そうしたものが1日にして改善されることなど決してありません。何よりも明確なビジョンを持って、そしてそれに向かってまず、“最初の1歩”を踏み出してみることがとても大切だと思います。

 

そうした個人個人、カップルの努力が妊娠へと繋がり、社会へも動かしていくのだろうと思います。
そのための大きな力になるのは、将来を担う子供たちなのです。
そのためにも、まずは皆さんが力強く行動を起こすことが大切なのです。

 

仕事が忙しいが、このままでは、妊娠しないかもしれないと病院に行ったが、何も異常がないと言われ、何が原因なのか分からずにそのままにしている。次の診療の日を言われたが、病院の診療時間には仕事が忙しいので行けない。こんな悩みで、なかなか不妊治療をうまく出来ずにいる方がいます。

 

そこで、王国は夜9時まで診療しており、仕事帰りでも治療を受けることが出来ます。

 

また、王国独自の検査をすることで、病院ではわからなかった原因を見つけることができ、根本的に不妊の原因となっているものを施術してその方が持っている妊娠する力を最大限に伸ばしてあげて、妊娠しやすいからだ・妊娠しても赤ちゃんが育ちやすいからだになるように施術していきます。

 

そして、ご自身でも御家庭でお灸サンマットといったものを毎日やって頂くことで、さらに王国での施術の効果を持続してキープできるようになり、妊娠しにくかったからだから、妊娠しやすいからだへと変化していきます。

 

仕事が忙しくてなかなか不妊治療をする機会がない方、病院で何も異常はないといわれたがなかなか妊娠に至らない方、1回王国の施術を受けてみてはいかがですか?
あなたの不妊への不安を解決する手助けが出来るかもしれませんよ。

 

もし、興味を持たれたならご連絡くださいね。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

病院での不妊治療に踏み込めない方へ。不安を解消しましょう!

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_s

 

今回のテーマは、病院での不妊治療になかなか踏み込めない方へ向けて書きます。
色んな不安があり先のステップに進めない方や自分に自信がもてなくなっている方!
妊活はしているけれど妊娠に至らずそろそろ不妊治療をしたほうがいいのか考えている。

 

インターネットで不妊治療のことを調べたが、人口受精・体外受精になると費用はかかる
病院で、体の現状や生活習慣などの指導を受け現実を突きつけられる恐怖感がある。

 

生理周期が乱れて、いつ排卵がおきているのか分からない

 

こんな悩みで、病院へ行くのをためらっていませんか?
何年も子供がほしいと思っているけどなかなか妊娠に至らない病院以外で不妊治療が出来る
ところを探しているなら是非読んでほしいです。

 

きっとあなたが抱いている不安を取り除く手助けが出来ると思います。
そして、あなたの腕に赤ちゃんがいる日が来るように力になります。

 

まず、不妊症とは「妊娠を希望して、1年間性生活をしているのにも関わらず妊娠しない」ことを言います。

 

普通の病気だと、何か症状があってそれに従って検査をして原因が判明し、診断がついて治療をやっていきますが不妊症は病気とは違い痛みも不快感もなく、病院の検査で何が不妊の原因なのか特定しにくく生殖器に異常がない限り根本的な不妊の原因を特定するのが難しくなっているのが現状です。

 

また、精子も卵子も異常がないのに受精できないこともあるし、
受精しても細胞分裂しないことで赤ちゃんまで成長しなかったりするわけです。

 

ですから、不妊症の原因に関しては
妊娠に至る過程の段階で何らかの障害があると想定します。

 

まず、王国の不妊治療の目的は
体の冷えや血行不良による不妊体質を改善しその人が持っている妊娠~出産する確率を最大限に上げてあげる」ということです。

 

王国では7つの診断項目から検査をしていきます。
その項目というのは「体の歪み」「頭蓋骨の歪み」「骨盤の歪み」「内臓」「自律神経」「ツボ」「食事」です。

 

このうち最低でも5項目以上をクリアすると妊娠の確率的に妊娠しやすい状態であるといえます。
しかし、必ずしも5項目をクリアしないといけないわけではなく人によっては1つか2つをクリアするけけで妊娠する方もいらっしゃいます。

 

原因を1つずつ改善していくことで妊娠へと繋がり妊娠しても赤ちゃんが居やすい体に変えていくことで安定した妊娠ライフを送れるようにサポートしていきます。

 

結婚して1年以上経ってもなかなか妊娠まで結果が結びつかないあなた!!
病院に行く勇気が出ない、なにか不妊治療にためらいがあるなら、まず骨盤王国に来てみてはどうですか?

 

僕たちが、あなたが持っている妊娠する力を最大限にあげて妊娠しやすい体に変えていきます。
そして、元気な赤ちゃんを授かるように全力で力になります。

 

もしかしたら、あなたが思ってもいなかった根本原因が見つかるかも知れません。
そこを改善していけば、妊娠に近づくはずです。

 

あなたのその一歩踏み出すその勇気が妊娠へと繋がると思います。
まずは、体質を改善して妊娠しやすい体に整えてから病院に行かれてはいかがでしょうか?

 

そうすることで病院での不妊治療の確率が上がり妊娠しやすくなると思います。
もし病院にいく前に何か体に不調や気になることがあるなら王国に来られてください。
特に、仕事をされている方や長い時間同じ体勢をされている方は体に色々な不調が出やすくなります。

 

このブログを読んでいるあなた!もし興味を持ってもらえたなら今すぐでもご連絡ください。

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

不育症でもあきらめないで

135467

せっかく妊娠したのに流産してしまった、うまく赤ちゃんが育たない、そんな風に悩んでいる人はいませんか?「妊娠したら出産できる」そう思っている方も多いと思いますが、実は妊娠した人の約15%が流産になるといわれているのを知っていますか?

 

残念ながら約7人に1人が流産する可能性があるといわれているんです。今回は流産になったり赤ちゃんがうまく育たない方にお話しますね。

 

 

 

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

不育症

不育症という言葉を知っていますか?不育症とは妊娠しても子宮で赤ちゃんが育たなかったり、流産や死産を繰り返してしまうことをいいます。流産を2回続けて繰り返すことを「反復流産」、3回以上続けて繰り返すことを「習慣流産」と呼び、不育症とほぼ同じ意味で使われます。

 

 

原因の多くは母体に流産を引き起こす可能性の病気があったり、子宮に異常があるためといわれています。繰り返す流産のなかには、胎児の染色体異常など母体と関係のない流産が続くこともあります。しかし、流産して病院で調べてもらっても約50%が原因不明と診断を受けます。

 

 

病院での治療方法は大きくわけて3つあります。1つ目がホルモン療法です。プロゲステロンが足りない場合はプロゲステロン補充療法。プロゲステロンの働きは子宮内膜の維持、基礎体温を上げることです。

 

2つ目が子宮奇形手術です。先天性の子宮奇形や子宮内腔をを変形させる子宮筋腫がある場合に手術を行うことがあります。3つ目が抗凝固療法です。血栓と関係する自己抗体を持っていたり、凝固能の亢進や凝固因子の異常がある場合にはアスピリン(飲み薬)やヘパリン(注射)で抗凝固療法を行います。

 

 

 

35c21079d17030c22a7f5c61d4f99e48_s

どうやったら出産までたどりつくのか

不妊症とは違い自然妊娠はできるのになぜ出産までいかないのだろう、そう思いませんか?病院に行って検査を受けても原因不明といわれたら困ってしまいますよね。1人目は妊娠から出産、子育ても順調なのになぜ2人目ができないのだろう、そう思いませんか?

 

1人ひとり原因は異なるので一概には言えませんが、原因不明で流産してしまう人たちの多くはお腹が硬くて冷えていたり、ストレスが強かったり、ホルモンバランスが悪いんです。そんな状態で妊娠したとき、子宮内膜の状態は良くないですよね。

 

このとき子宮内膜はどんな状態なのか。簡単にいうと、妊娠した時に赤ちゃんのベッドが栄養状態のいいふかふかのベッドなのか、それとも状態の悪い硬い床みたいなベッドなのかという違いです。もちろんどっちがいいか聞かれたらふかふかのベッドのほうがいいですよね。

 

妊娠しても赤ちゃんが育たない原因はそこにあったのです。ここで重要になってくるのが体質改善です。赤ちゃんがふかふかので成長できるようにお母さんの体をよくしてあげるのが大事なんです。普段の生活習慣、姿勢、食事が悪いとふかふかのベッドは作れません。

 

ホルモンバランスを整えるのにあなたの力になってくれるのが整体や鍼灸です。お腹を温めたり骨盤矯正をするだけでは体質改善は難しいんです。薬やサプリメントも同様です。またホルモン剤には副作用が出ることがあります。

 

1番メジャーなところでいえば血栓症です。血栓症とは、簡単にいうと血管に大きな血の塊がたまってしまうことです。血栓症は、主に静脈に血が詰ることを指しますが、症状は動脈硬化とよく似ています。脳の血管に血が詰まってしまうと、脳梗塞になるおそれもあるので、大変危険な症状なのです。

 

血栓症が起こる確率はそれほど高くありませんが、他にも頭痛、不眠症、更年期障害、肝機能障害などです。せっかく妊娠・出産の為に薬を飲むのに他の病気や症状に悩まされたくはないですよね。当院の整体、鍼灸治療では副作用なくホルモン治療を受けることができます。

 

 

まずホルモンバランスが悪いのには必ず原因があります。

 

ホルモンを出す内臓が疲れてしまっているのです。

 

それは食生活や体の歪みにあります。体に歪みが生じることで血液循環が悪くなり、内臓が栄養されずらくなり疲れてしまうんです。

 

内臓疲れているからといって内臓だけを治療するのだけではなく、なぜ内臓が疲れているのかの原因を見つけることで不育症から妊娠・出産のための体質に変えていきます。

 

病院で不育症で原因不明といわれ悩んでいる方、薬を使った治療に少し抵抗のある方、このブログをよんで自分の体について思うことがある方は1度お話を聞かせてみてください。

 

 

あなたの悩みや不安を解決し、妊娠・出産へのお手伝いができたらなと思います。

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
ネットから予約する
初めての方 月20名様限定 テレビ出演記念
もし、施術に満足できなければ全額返金致します!
LINEで24時間予約受付中!
  • こんなに改善されました。効果をCheck!!
  • 日本一多い喜びの声を見る
  • 初めての方限定、TV出演記念毎月20名様限定特別価格
  • 骨盤王国グループ各院の情報はこちら
  • 骨盤王国 天神
  • 骨盤王国 離
  • 骨盤王国 博多店
  • 骨盤王国 博多駅前店
  • 治療院 求人サイト
LINEで予約
pagetop