症状記事

【6月に感じる体のだるさや体調不良。原因は「湿邪」(しつじゃ)!?】

6a6d342ae82c2f443d12a1bf5f81471f_s

 

6月になんとなく体がだるかったり、食欲がなかったり、お腹を下したりなど、体調不良を感じる方はいませんか?

 

もしかしたらその6月に起こる体調不良の原因は「湿邪」(しつじゃ)が原因かもしれませんよ!

 

ただ湿邪と言われても、全くもってわからないと思うので、今回はその6月によく感じる体調不良の原因となる「湿邪」とは何か、またその原因を取り除き6月の体調不良を感じずに乗り切るためにはどうしたらいいのかを説明していきますね!

 

「湿邪」って何??

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

 

簡単にいうと、湿度が高すぎる状態や体の中に余分な水分がたまりすぎている状態です。

 

6月に入り梅雨時期となり、湿度が上がりすぎている状態、冷たいものや水分などの摂りすぎで体の中に余分な水分がたまりすぎてしまった時に湿邪となります。

 

基本的に湿邪によって、一番悪影響を受けるのが胃腸系です。

 

湿邪によって胃腸系の機能が低下することによって、食欲不振や軟便、下痢などを繰り返し、むくみを引き起こしてしまいます。また、体に水分が余分に溜まってしまっている状態なので、体がなんとなく重たい、だるいという感じもするでしょう。

 

このように「湿邪」に侵されてしまう原因は先ほどあげたように

 

☑️ 環境的に湿度が高い状態が続いている

 

☑️ 食べ物、飲み物によって体の中に余分な水分が溜まっている

 

という二点です。

 

ちなみにどのような食べ物や飲み物が湿邪の原因になるかというと

 

☑️ 冷たいもの(これはどんなものでもNGです)

☑️ 麦茶

☑️ ビール

☑️ お刺身

☑️ フルーツ

☑️ サラダ

☑️ アイスクリーム   などです。

 

基本的に冷たいものはなんでも体に水分をため込みやすくしてしまうのでダメです。あとは甘いものや生物なんかもそうですね。

 

環境的な要因は仕方がないものもありますが、せめて食事だけでも体に余分な水分を溜め込まないような食事を心がけるといいかもしれませんね。

 

湿邪を取り除いて体の不調を改善するためには

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

 

ポイントは二つです!

 

☑️ 胃腸系を助ける食べ物を取ること

☑️ 余分な水分を体の外に出してくれるものを取ること

 

先ほど述べたように、湿度が高すぎるという環境はなかなか変えることが難しいです。

 

なので気をつけるのは食べ物です!!

 

湿邪によって働きが悪くなった胃腸系を助ける食べ物を食べることと、体にたまりすぎてしまった余分な水分を体の外に排出してくれる作用をもつ食べ物を取ることです。

 

胃腸系を助け、体内の余分な水分を排出してくれる食べ物は、

 

☑️ ネギや生姜、山椒、唐辛子、にんにくなどの香味野菜。

☑️ ゆずやレモンなどの柑橘系

 

この二種類です。

 

また、キュウリやスイカ、トマトなどの夏野菜も体の余分な水分を排出する作用がありますが、これらの夏野菜は、性質上体を冷やしてしまう作用もあるので、極力温めて食べることをオススメします。

 

もしもあなたが6月の梅雨時期に体の不調を感じやすいのであれば、それは「湿邪」のせいかもしれないので、ぜひこの二種類の食べ物を食べて体の不調を吹き飛ばしてみてくださいね!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

顔の歪みは体から!?歪みを整えスッキリ小顔になりましょう!

顔の大きさや歪み・・・解決の鍵は体にある!!

617031

 

「鏡を見るたびに顔の大きさが気になったり、顔が歪んでいて、左右が対象ではない・・・もう鏡なんて見たくない!!」

 

「小顔矯正に行ったり、自分で小顔ローラーなんかをしてみたけど全然変わらない」

 

なんてことでお悩みのあなた!実は顔の大きさ、歪みなどの悩みは顔だけを調整してもよくならないんです。

 

なぜかというとその顔を大きくさせたり、歪ませたりしている本当の原因は体の方から来ているからです!

 

なので顔の骨だけ調整したとしても、その顔の骨を歪ませてしまっている原因の体の調整をしなければ、原因が体に残ってしまっているのですぐに元に戻ってしまうのです。

 

なので今日は「どのようなことが顔が大きく見えてしまったり、歪みの原因となるのか」をお話しします。

 

もしも

・顔の大きさや歪みで悩みがある

・他の小顔矯正に行っても全然変化がわからなかった

・もしくは他の小顔矯正の変化が持続しなかった

 

という方はこの根本的な原因である体を調整できてないせいかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

バランスのとれた小顔になるために必要なポイント!

082980

 

 

1、体の歪み

 

基本的に体の歪みがある人は、そのせいで顔の歪みも引き起こしてしまいます。

 

これはなぜかというと、体というのは全身頭の先から足の先まで「筋膜」という薄い膜で繋がっているのです。

 

体が歪んでしまうとこの「筋膜」が引っ張られてしまい、それが足の方の筋膜が引っ張られていたとしても顔まで全部引っ張られてしまい、顔の歪みが出てしまいます。

 

なので体の歪みがある方はまず顔をする前に、この体の歪みをしっかり整えて、「筋膜」が引っ張られないようにすることが大切なのです。

 

2、内臓の疲労

 

顔のことで「内臓」と言われても、正直全然繋がりがイメージできないですよね。

 

でも実は内臓もお顔のトラブルに大きく影響しています!

 

例えば忘年会などでお酒をいっぱい飲んだり、美味しい食べ物を食べ過ぎた次の日など、他人から「なんか疲れてない?顔ひどいよ?」なんて言われた経験はないでしょうか?

 

このように過度の暴飲暴食や疲れが溜まって内臓が疲労している時などは、顔の皮膚や筋肉なども張りがなく垂れ下がってしまうので、顔が大きく見えたり歪みを引き起こしてしまいます。

 

内臓を疲労させる要因である暴飲暴食や睡眠不足、食べる時間が遅い、早食い、刺激物を取りすぎる、など当てはまる方がいたらなるべく控えるように注意しましょう!

 

3、頭蓋骨の歪み

 

よく気になるポイントである頬骨の高さやエラ、目や眉毛の高さが違うなど歪みを感じるポイントはたくさんあると思うのですが、結局顔の骨は全部頭の骨と繋がっています。

 

なので頭蓋骨が歪むことで、顔も引っ張られて歪みに繋がってしまいます。

 

頭蓋骨が歪む原因は一番大きいのは過去に頭を強く打った経験があるかどうかです。特に幼い頃なんかは頭蓋骨がとても柔らかいので、頭がとても歪みやすくなっています。

 

もしも小さい頃に頭を打っているなんていう経験がある方は、もしかしたら頭蓋骨からお顔が歪んでいるかもしれませんよ!まずは頭から調整をしていきましょう!

 

体から整えてバランスのとれた小顔状態を維持しましょう!

415145

 

ここまでお話ししてきた通り、バランスのとれた小顔の状態を作るためには顔だけなんとかしようとしても、根本からはよくなりません。

 

根本からよくしていい状態を持続させるためには

・体の歪みを整えること

・内臓疲労を取り除くこと

・頭蓋骨の歪みを整えること

 

この三つが重要になります。

 

もしも顔の大きさや歪みで悩んでいたり、他の小顔矯正に行ってもなかなかよくならない、すぐに戻ってしまうということでお悩みであれば、ぜひ一度、体験がてらでもいいので気軽にきてみてくださいね。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

寝つきが良く、朝スッキリ起きられる睡眠はバスタイムで決まる!!

a3ed0c82d89d3970d304dc583ffcd6ef_s

 

☑️ 夜なかなか寝付けない

☑️ 夜中途中で起きてしまう

☑️ 朝起きても疲れが取れた感じがなく、体が重たい

 

なんてことでお悩みではないですか?

 

実はその悩みは毎日のバスタイムの過ごし方を変えるだけで改善するかもしれません!!

 

今日はスッキリ寝付けて、スッキリ起きるためのバスタイムの過ごし方をお伝えしていきますので、もしも上に書いてあるようなことで悩んでいるのなら、是非最後まで読んでみてくださいね!

 

いい睡眠のために必要なこと

「寝つきが良く、ぐっすり眠れて朝起きても体がスッキリしている。」

 

こんな睡眠を毎日できたらとても幸せそうですよね!ではそんな睡眠のために何が必要なのでしょうか?

 

それは「体温の変化」と「副交感神経の働き」です。

 

まず、寝つきがよくなるために必要なのが「体温の変化」です。基本的に眠気を感じる時というのは、実は体温が下がった時なのです!

 

よくドラマや映画などで雪山で遭難した人が眠くなって「寝るな〜!寝たら死ぬぞ!」なんて言われていますよね?これと同じで体温がぐっと下がると人は眠気を感じるようになってしまうのです。

 

だからといって寝室をめちゃくちゃ寒くしろ!というわけではないですよ。

 

通常時の体温から上げてしまうと体にも悪いので、一度体温をしっかりあげるようにしてあげるのです!そうすれば元の体温に戻る時に体温が下がるので、その時に眠気を感じてスッキリ寝付くことができるのです。

 

あとは「ぐっすり眠り、朝起きるときもスッキリ起きれる」ようになるために大事なことが、副交感神経の働きです。

 

副交感神経とは簡単に言えば「体をリラックスさせるための神経」です。

 

この神経がうまく働いていないと寝ている間も体は全然リラックスできていない状態になってしまうので、朝起きても全然疲れが取れていなかったり、何なら途中で起きてしまったりしてしまうのです。

 

なのでいい睡眠をとるためには「体温を下げるために一度あげること」と「副交感神経の働きを高めること」の二つが重要になってくるのです。

 

良い睡眠のためのバスタイムの過ごし方

 

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

 

では「体温を下げるために一度あげること」と「副交感神経の働きを高めること」がいい睡眠のために必要なこととわかったと思いますが、この二つの条件を満たすために重要なバスタイムの過ごし方を今からご説明します。

 

1、バスタブで約40℃のお湯に10分〜1時間以内で入浴する。

お風呂の温度は熱すぎると副交感神経が働きにくくなってしまい、逆に低すぎると十分に体温が上がらないので体温の下がり方もいまいちとなってしまい、眠気を感じづらくなってしまいます。

 

また、1時間以上の長時間の入浴はお風呂のお湯がぬるくなってしまうこともあるので、あまりお勧めできません。

 

また「毎日湯船に浸かるのは面倒」という人は足湯だけでもいいですよ!その時は少し高めの42℃くらいのお湯で足を温めてくださいね。

 

2、照明を落とす

最近の電気は結構明るすぎて、意外とこれが脳への刺激が強すぎて副交感神経が働きづらくなってしまいます。

 

蛍光灯やLEDなどを浴室の電気で使っている方は、少しオレンジ系の照明に変えたり、間接照明を使うようにしてみましょう。アロマキャンドルなんかも雰囲気が出ていいですね!

 

3、好きな香りでリラックスする

香りと神経は密接に関わっているもので、好きな香りをかぐと心も落ち着きまうし、逆に不愉快な匂いを嗅ぐと興奮してしまいます。

 

自分の好きな香りが決まっているという方は、浴室にアロマを使ってたりもいいですし、入浴剤でもいいでしょう。

 

色んな方法を使って浴室を自分がリラックスできる空間にしてみてくださいね。

 

4、入浴は睡眠の30分ほど前に行う

あまりにも就寝よりも早い段階でこの方法を使っても、せっかく眠くなる体温が下がるタイミングを逃してしまいますし、就寝時間に近すぎても体がほてりすぎて寝つきづらくなってしまいます。

 

だいたい就寝予定時間の30分ほど前にはお風呂から上がるようにして、体のほてりが減ってきて、体温が徐々に通常の体温に下がり始めている時に就寝をするようにしてくださいね。

 

終わりに

 

ec7f3ac7c225de3b1e39c6f346d4b731_s

 

みなさん、いい睡眠のために必要なバスタイムの過ごし方はお分りいただけたでしょうか?

 

もしもなかなか寝付けない、寝ても疲れが取れた感じがしないという方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

 

きっと睡眠が変わり、朝からスッキリ活動できるようになってくるはずですよ!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。
ネットから予約する
初めての方 月20名様限定 テレビ出演記念
もし、施術に満足できなければ全額返金致します!
LINEで24時間予約受付中!
  • こんなに改善されました。効果をCheck!!
  • 日本一多い喜びの声を見る
  • 初めての方限定、TV出演記念毎月20名様限定特別価格
  • 骨盤王国グループ各院の情報はこちら
  • 骨盤王国 天神
  • 骨盤王国 離
  • 骨盤王国 博多店
  • 骨盤王国 博多駅前店
  • 治療院 求人サイト
LINEで予約
pagetop